一般の方からのリサーチ依頼


Mさん(年齢不詳)からの質問

突然ですが、お尋ねしたいことがあります。「天鼓雷音如来」という仏像なので すが、どこにあるのか、そもそもどんな仏像なのか、ご存知の方がいましたら、 教えて下さい。お忙しいところ恐縮です。
天鼓という名前なので興味があるのです。

 

最高顧問の回答

この如来は、仏像の形式ではなく、曼陀羅で登場するようです。

さあ、日仏会クリエイティブ部門に胎蔵曼陀羅がありますから、見てみましょう!

曼陀羅のうちの胎蔵曼陀羅は、菩提心を蓮にたとえて表現した曼陀羅で、中央に蓮の花(蓮華)があり、 その花びら一つ一つに如来と菩薩が並びます。
その一枚に天鼓雷音如来がいます。画面左、北方の位置に座っているのがそうです。
(胎蔵曼陀羅では画面上が東になります)
「雷のように大きな声で説法につとめる姿」を表しているそうで、言ってみれば「仏像界の鬼教師」という位置づけになりましょうか(笑)。

ちなみに、そのほかの花びらにいる仏は以下の通りです。

  • 中心
    大日如来
  • 東(画面上)
    宝幢(ほうどう)如来…仏の智恵を表す。仏道の出発点。
  • 南(画面右)
    開敷華王(かいふけおう)如来…仏の智恵が開花したようすを表す。
  • 西(画面下)
    無量寿(むりょうじゅ)如来…悟りが進んで、衆生を救済する姿。
  • 北(画面左)
    天鼓雷音如来
  • 東南
    普賢菩薩
  • 西南
    文殊菩薩
  • 北西
    観音菩薩
  • 北東
    弥勒菩薩

仏像相談室トップへ

7 NOV 1998

日仏会ホームページへ

inserted by FC2 system